道元 - 頼住光子

頼住光子

Add: kohoryto78 - Date: 2020-11-26 21:49:56 - Views: 4896 - Clicks: 6157

―― 頼住先生はまた、ご近著として『さとりと日本人』(ぷねうま舎)という本もお書きになっています。こちらでは、聖徳太子の和の思想や道元の考え方などについて、お書きになっていらっしゃいます。. 道元の思想 - 大乗仏教の真髄を読み解く - 頼住光子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. Amazonで頼住 光子の道元―自己・時間・世界はどのように成立するのか (シリーズ・哲学のエッセンス)。アマゾンならポイント還元本が多数。頼住 光子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 【tsutaya オンラインショッピング】道元の思想/頼住光子 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画や. 頼住光子 頼住光子の概要 Jump to navigationJump to search頼住 光子人物情報生誕佐藤 光子1961年 日本 神奈川県国籍 日本出身校お茶の水女子大学文教育学部哲学科卒業東京大学大学院人文科学研究. 道元における「さとり」と修行 : 『正法眼蔵』「現成公案」巻をてがかりとして 頼住 光子. 所属 (現在):東京大学,大学院人文社会系研究科(文学部),教授, 研究分野:哲学・倫理学,倫理学, キーワード:道元,正法眼蔵,『正法眼蔵』,仏性,大乗仏教,比較思想,日本仏教,時間論,禅,親鸞, 研究課題数:7, 研究成果数:156, 継続中の課題:大乗仏教の修証論をてがかりとした道元思想の総合的.

頼住光子 道元の思想構造─『正法眼蔵』「現成公案」巻と「菩提薩埵 四摂法」巻をてがかりとして 67 フレデリック・ジラール 道元の『正法眼藏』の思想的特色を問う 81 ラジ・シュタイネック 道元の著作にみる時間の表記と時間の思想 113. 道元の思想 大乗仏教の真髄を読み解く (NHKブックス)/頼住 光子(新書・選書・ブックレット:nhkブックス) - 難解でなる道元の主著「正法眼蔵」を具体的に読み解きつつ、そこに描かれた世界観、善悪、因果を明解に示す。. uho:02 Tweet. 名前: 頼住 光子 / YORIZUMI Mitsuko 学位: 博士(文学)(東京大学),修士(文学)(東京大学) 職名: 教授: 所属: 大学院人文社会系研究科. 以前、東京大学仏教青年会にて、著者の講義を伺った。『道元 ~自己・時間・世界はどのように成立するのか~』の出版の直後だったと思う。道元は、西洋で言えば、哲学者. 専攻, 日本倫理思想史.

頼住光子 道元の思想 大乗仏教の真髄を読み解く NHKブックス : 頼住光子 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 正法眼蔵入門 - 頼住光子/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 頼住 彼らは「異端」であったというような考え方が、最近の学者のあいだでは主流になっています。ただ、私自身の思想の立場からすると、やはり道元や親鸞にしても、法然や日蓮にしても、大乗仏教として非常に画期的な思想を展開したと思っています。. 91年, 東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了. お茶の水大学大学院教授を経て, 年より, 東京大学大学院人文科学研究科教授. 論文 神田外語大学日本研究所紀要 = The Bulletin of the Research Institute for Japanese Studies, Kanda University of International Studies (4), 27-62, -10. 文庫「正法眼蔵入門」頼住 光子のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。固定化された自己を手放すとき私は悟り. 発行) 『正法眼蔵』の原文を全部読んだことなどあるわけはなく、 いつもちょい読みに近いくらいであとは解説書の世界でしか 道元にふれたことはないのだが、 日本ではめずらしい、いわゆる哲学的な傾向.

備考 頼住光子「「空」の真理道元の「開悟成道」-師・如浄との出会い-」(井上ひさし『道元の冒険』上演パンフレット解説10~11頁。年7月7日~28日bunkamuraシアターコクーン、東京公演。年8月3日~10日シアターBRAVA! 頼住 光子; 人物情報; 生誕: 佐藤 光子 1961年 日本 神奈川県: 国籍: 日本: 出身校: お茶の水女子大学文教育学部哲学科卒業 東京大学大学院人文科学研究科倫理学専攻博士課程満期退学. 【tsutaya オンラインショッピング】道元/頼住光子 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画やdvd・cd. 日本における自然観の一形態--道元の自然観を手がかりとして. もう一冊は 『道元』(頼住光子、NHK出版、05年11月) です。 仏教では「無自性」を主張し、あらゆるものに固定的な本質などないということを出発点としている。. 関連記事佐藤優『世界宗教の条件とは何. 頼住光子ヨリズミミツコ 1961年, 神奈川県生まれ.

頼住光子 1961 - 道元 - 頼住光子 道元. 4 頼住光子、「道元における「さとり」の世界とその表現 『正法眼蔵』「梅華」巻註解の試み」、『倫理学紀要』、第25. 頼住 光子(東京大学教授) 講座案内: 道元(1200~1253)の主著『正法眼蔵』は、「真正な仏法の眼目を取り集めたもの」という書名からも分かるように、仏法の全体像を明らかにしようとした著作です。. 道元―自己・時間・世界はどのように成立するのか (シリーズ・哲学のエッセンス)頼住 光子 日本放送出版協会 -11Amazonで詳しく見る by G-Tools 以前の記事「鈴木大拙『禅』―禅と全体主義―アメリカがU理論・マインドフルネスで禅に惹かれる理由が何となく解った」. 頼住 光子 | 年12月19日頃発売 | 固定化された自己を手放すとき私は悟り、世界が目覚める。それが生きてある時の経験である──。道元の文章に即し全八七巻の核心を存在・認識・言語という哲学的視点から鮮やかに読み解く。『道元』を改題。. 仏教における「消費」 : 「食」の観点から 頼住 光子 お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター研究年報 -(8), 181-185, -03. ナレーター: 今日は、東京大学大学院教授の頼住光子さんに「道元禅師の仏教観」というテーマでお話頂きます。頼住さんは昭和二十六年(1961年)のお生まれ。日本の倫理思想史がご専門ですが、長年道元禅師の哲学や仏教を研究している方です。. 頼住光子、「和辻哲郎的思想根基:「型態」與「流動」」、『日本倫理觀與儒家傳統』東亜儒學研究叢書 25、pp.

頼住光子「道元自己・時間・世界はどのように成立するのか」という本を読んだ。「まず、『無自性』とは、文字通り『自性』がないということである。『自性』とは、変化するものの根底にあってつねに同一であり、固有のものであり続ける永遠不変の本質であり、他の何者にもよらずそれ. 12~14年度科学研究費補助金 基盤研究(c)(2) 研究 成果報告書『因果観をてがかりとした道元の行為の理論の研究』(研究課題番号12610035),研究代表者:佐藤(頼 住)光子,年,1-51頁. 頼住 光子 よりずみ・みつこ 年2月2日(土曜日)中日新聞「人生のページ」より 今しなければ いつするのか 日常の行為に徹せよ 上. Amazonで頼住 光子の道元の思想 ~大乗仏教の真髄を読み解く (NHKブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。頼住 光子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 頼住光子『道元/自己・時間・世界はどのように成立するのか』 (NHK出版/. 【無料試し読みあり】正法眼蔵入門(頼住光子):角川ソフィア文庫)固定化された自己を手放すとき私は悟り、世界が目覚める。それが生きてある時の経験である──。道元の文章に即し全八七巻の核心を存在・認識・言語という哲学的視点から鮮やかに読み解く。『道元』を改題。※本文中. 「道元とエウリゲナ―東洋と西洋における絶対性への探求」( in Japanese ) 第2セッション 頼住光子( YORIZUMI Mitsuko 、東京大学) 「道元の思想構造」( in Japanese ) Frédéric GIRARD (フレデリック・ジラール、極東学院名誉教授). 頼住光子『正法眼蔵入門』(角川ソフィア文庫)年 より、序章・第1章~第4章 頼住 光子 - 東京大学 朝日講座 東京大学・朝日講座「知の調和―世界をみつめる 未来を創る」は、朝日新聞社の寄附により開講される、東京大学全学部の3・4年生および大学.

道元の文章に即しながら、無常や因果など仏教の伝統的テーマを、存在・認識・言語という哲学的視点から鮮やかに読み解く。 正法眼蔵入門 / 頼住 光子【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア.

道元 - 頼住光子

email: ubulydek@gmail.com - phone:(414) 769-7527 x 7932

世界貿易の新秩序原理 - 梅津和郎 - ケースブック不動産登記のための税務

-> 伊藤潤二恐怖博物館 - 伊藤潤二
-> フランスの流通・政策・企業活動 - 田中道雄

道元 - 頼住光子 - 宅建シリーズ予想問題集 週刊住宅新聞社


Sitemap 1

日本の歴史社会学 - 筒井清忠 - ラブレース 真夏の恋の物語 マリーン